2006年05月31日

お久しぶりです。

ずいぶんお休みをしてしまいました。
今後も気まぐれな更新になると思います。
ただ毎日メールチェックは欠かさずしておりますのでご質問ご相談は今までどおりで。

やりたいこと、やるべきことを淡々と着々とやっている、そんな1ヶ月でした。
それがこれまでにない充実感で、人生の波に乗れている!
そんな感覚さえあったりします。

先日ふりすぴが家にやってきました。
一年半前、まるで頭と体が離れてしまったかのような状態のふりすぴ
(こうとしか言いようが無い・・・)だったことが信じられないくらいの現在のふりすぴ

柔らかな女性らしさ。(まだこちらがついていけてません。なんか気持ち悪い・・)
そして実は持っていた(!)エレガントな面が前面にでてきていて
その変貌ぶりに思わず「おぉ!」といった感じでした。

このブログのふりすぴの日記をお読みいただくと
その変容の過程がおわかりいただけると思います。

人はほんとうに変われるのですね。
ただその意思さえあれば。

         もえ三日月
posted by 花のしずく  at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウォ−ターヴァイオレット4日目

ウォ−ターヴァイオレットは翌日極端に寂しかったくらいで、今のところ好転反応も出ません。たまにはこんなにすんなり変わって行ってくれることがあっても良いですね。もしかしたらこれから出てくるのかもしれませんので、これを飲みつつアマゾナイトにも挑戦してみようと思います。
複数のエッセンスを取る時、私はミックスのボトルにしないで、いつも単品のボトルで飲用しています。

もえに
「ねぇ、私いい加減グランディングはもう良いんじゃない?」
と言いましたら、
「グランディングは一生続くの」と言われてしまいました。
その辺がまだよく理解できていません。
う〜ん、ジェムの中ではこれかなぁ。このアマゾナイトはなんとなく気になった…という感じで飲んでみようと思いました。
今改めて見てみたら、ウォ−ターヴァイオレットアマゾナイトも周囲との調和という点で共通していますね。

久しぶりのジェムエッセンスです。一滴飲んでみると、やっぱり植物とは全然違いますね。やっぱりカキッと響く感じです。
アマゾナイトは天河石という和名を持っています。波状に白く入るまだらが、広い川の色を思い起こさせます。実際にアマゾン川が名前の由来です。

最近知り合った方で、ウォ−ターヴァイオレット度が強い方(爆)がいらっしゃいます。その方を見ていると、あぁ、自分もああいう風に見えるのかしら。と考え込んでしまいました。やっぱり親しみやすい方が接していて気持ちいいよなぁ…
無駄口もコミュニケーションのためにはそれなりに大切なのかも。なんて思っちゃいました。

posted by 花のしずく  at 15:58| Comment(0) | TrackBack(1) | エッセンス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

三億円事件

 「三億円事件」私は当時のことなど当然覚えて居ない。物心付いて交番に張られた白バイ警官のモンタージュ写真を見たり、時折流れるニュースの「三億円事件」なるものを知ったのは事件から相当経ってからだと思う。
 中学生の頃国分寺に引っ越した。府中刑務所の辺りも毎週のように通りかかった。自然、事件に興味を持ち、テレビの「未解決事件簿」のような番組の時は欠かさずに見ていたし、武蔵国分寺跡地や東芝府中工場の辺りも土地勘がある。
「負傷者ゼロ、犯行時間3分、3億円、鮮やかな手口、未解決」
 こういってはナンだが、日頃知っているところで起きた事件に親しみを覚えるから不思議だ。誰も傷つかなかったというところがたぶんポイントなんだろうと思う。
 勤めた会社の次長の「あの頃、国分寺の料理学校で教えていたから、生徒の東芝府中の女の子達がボーナスを取られたって泣いていたなぁ」なんていう思い出話や、リンゴ売りのYさんの記事にも出てきた私のボスは件の工場に仕事で出入りしていたし、バイク乗りで背格好も酷似、アリバイも無かったので容疑者として相当な取調べを受けた、などという話を聞くと、俄然親近感が湧いてくるのだ。
 犯人に関してはいろいろな説があるけれど、本当のところは誰にも分からない。あの頃公安が中心になって実は赤狩り(死語?)をやっていたなどという話を聞くと、子供の頃に時代の騒然とした雰囲気を朧に覚えている私はさもありなんと思うのだ。
 原作本は未読なれど、あの頃の雰囲気をずいぶん再現しているようだし、宮崎あおいちゃん、可愛い♪と思っている私は久々に楽しめそうな邦画にうきうきとしている。
 三億円強奪事件の秘密の扉が開かれるらしい。初日に有楽町に見に行こうっと♪

「初恋」公式ブログ 「三億円事件〜知られざるトリビア 」にトラックバックです。

posted by 花のしずく  at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

生まれ付いてのチャレンジャー

 久しぶりにもえのところへ行ってきました。ちなみにもえは末息子の捻挫に引き続き、今度は骨折と言う状態でかなり忙しい日々をすごしています。
 私はといえば、カリエッセンスが余りに心地よすぎて、これを飲んでいる限りハッピ〜(笑)。もえによるとカリエッセンスは非常に柔らかな羽のような、シフォンのような女性的なエッセンスだとのこと。非常にリラックスできるとか。なんといっても女神様ですからね。
「ずいぶん女らしくなったよね」とのこと。
褒められているんだか、貶されているんだか良くわかりません。
 できればこのカリエッセンスだけを飲んで済ましてしまいたい感じのふりすぴです。それではこのブログが成立しなくなってしまい困ったなぁと。ブログを書くためにエッセンスを飲んでいるわけじゃないのですが、余力のあるうちにもう一枚削いでしまいたいし、削げば削ぐほど楽になっていけるのが分かっているので止められませんToT
ま、生まれ付いてのチャレンジャーなんですね。

 さて現状は何も問題はないし、だとすれば次に飲むエッセンスは自分の方向性を見定めた上でのチャレンジと言うことになります。夏に変化の時期を控えているので、それが落ち着くまでは方向性もはっきり見定められません。
 いくつか候補を胸に当ててみるとウォーターヴァイオレットが鋭く胸に痛い感じでヒットしました。某掲示板を読んでみるとこのウォーターヴァイオレットのタイプの人は多いようです。一般にひろくエッセンスが飲まれているイギリスやオーストラリアと違って、日本でフラワーエッセンスを飲もうなどという人はそれだけでちょっとウォーターヴァイオレッドの気があるのかも(爆)
 孤高な感じがすると何度言われてきたことでしょう。基本的に群れることがあまり好きではないと言うだけの話なのですけれど。
 かなりの好転反応が期待できそうです(爆)今度は泣くのか、怒るのか、とても楽しみにしています。では、3,4日後の記事をお楽しみに(爆)

posted by 花のしずく  at 02:02| Comment(6) | TrackBack(0) | エッセンス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

性格を変える

エッセンスを使って性格を変えられますか。というご質問があったので考えてみたいと思います。
まず、性格の定義についてですが、いろいろあってなんともいいがたいものがあります。
考え方の癖から気質にいたるまでの幅の中で、どれが性格というのは表現しづらいです。
それからどこまで自分の性格というものを客観視できるか。というのも難しいですね。

一つの切り口としてエニアグラムで私自身をモデルにして取り上げて見ましょう。
こちらでテストをやってみました。

まず、1年前くらいまでの自分をモデルにしてテストを行ったところ
「タイプ1:改革する人」と出ました。
1 タイプ 7
2 タイプ 1
3 タイプ 5
4 タイプ 4
5 タイプ  5
6 タイプ 4
7 タイプ  4
8 タイプ 1
9  タイプ  5

エッセンスで言うと典型的なロックウォーターの人、インパチェンスもマイナスの状態で出ています。

最近の私はこちら
1 タイプ  5
2 タイプ 5
3 タイプ 3
4 タイプ 6
5 タイプ 2
6 タイプ 2
7 タイプ 6
8 タイプ 5
9 タイプ 2

いかがでしょうか。全体の数値の差が縮まって、バランスが取れてきたように感じます。自分でやってちょっとびっくり(笑)
タイプ4:個性的な人
タイプ7:熱中する人と出ていますが、タイプ1も2も8も数値としてはそれほど違うわけではありませんね。
エッセンス使用前、使用後といった感じでしょうか。
もちろん自分の感じる心を大切にしようというように考え方が全く変わったということ。これはおおきいですね。もって生まれた気質や、性向というものはもちろんあるでしょうし、今までの行動パターンというものは、ある意味身体に染み付いているものでしょうから変化はゆっくりと来るのでしょう。

私自身は人の性格は変えられるのではないかと思います。一般に性格を変えるというのは難しいこととされていますが、エッセンスは飲むだけでいいので、ほんとに楽だなと思います。
あなたは自分の性格のどこを変えたいですか?

もう一つ重要なこと
それは自分を受け入れるということ。自分はこういう性格が嫌なんだ。これを変えたい。もちろんそうでしょう。けれど、そんな自分自身を受け止めてあげる、これが自分なんだと認めてあげることも必要だと思います。ある性格が原因で、生活や人生に支障をきたしているのか、辛い思いをしているのか。考え方を少し変えれば楽になるのか。

私は自分を受け入れつつ、変えてきたような気がします。
ある意味でこの一年とても成長したと思っています。
しばらくはこのままの自分でいいやと思えるくらいにね。
だって今私は自分のことがとっても好きなんですもの。

posted by 花のしずく  at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | エッセンス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

信じて待つ

やうえんさんの記事「ただいまゆるゆる中〜」にトラックバックです。

 もともとがインパチェンス気質の私。即断、即決、即行動。誰かがぐずぐずしていると、理解できない。切り捨ててでも突っ走っていく。
 凄くきつくて嫌な人だったかもしれません。今がどうかと問われたら、自分では少しは待てるようになったかなと思います。だいたいイライラすることがほとんど無くなってしまいました。私の中ではびっくり仰天の変化です。

 過去の自分を振り返ってみると、全部頭で判断していたんですね、自分の気持ちは付いていかないまま。結果的に頭でした判断は間違っていなかったとしても、ゆとりの無さから自分自身や周囲の人をずいぶん傷つけてきたのかもしれないと思っています。
 あわてなくても変わる時は変わるし、自然に成長していくものなのかも。植物も、人も大きくなって実をつけるまでに時間がかかりますものね。昆虫などが変態する時にも、いったん死んだように動かなくなることも。それを切り捨ててしまっては蝶も見られないままです。人の気持ちの変化はゆっくりです。変化して初めて心からの行動ができるのでしょう。
自分の成長を信じて待つ、人の成長を信じて待つ。
実際にはなかなか難しいですね。でも心に留めておきたいと思いました。

もえと私の予定がなかなか合わず、新しいエッセンスは選べないままカーリーエッセンスを飲み終わってしまいました。今のところピンクイルカを飲んでいますが、今日当たりはもう少しカーリーを飲んでいてもいいかもなどと思いなおしたりしています。次のエッセンスでもう一枚削いで、さらに自他共に許していきたいなと思っています。

posted by 花のしずく  at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | エッセンス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

心を開こう

 以前から心を開くことについての記事を書こうと思っていました。
人との距離感というのは誰にどれだけ心を開くかという問題です。
思い切って心を開いてしまえば打ち解けられるのにそれが出来ない。
相手が自分とどういう風に対しているのかわからない。
実は私も未だに得意ではないです。
 目の前にいる人との距離感も難しいですし、
ネットなどでの交流はさらに難しい。
同じコメントでも♪マーク一つ、(笑)
マーク一つが全く印象を変えてしまうこともあります。えぇ、苦い経験も多々。
それは一つ一つ自分で学び取っていくしかありません。
現実に目の前で交流している人との間でも、メールが多用されている昨今、
その辺の間合いは難しいものがあります。
 私は文章の中で(笑)や♪を入れることになぜだかずっと抵抗がありました。
文章はそれだけで完結すべき。編プロなどでアルバイトした経験からでしょうか。
印刷やHPなどの一方通行のメディアではそれで正しい?のでしょうが、
掲示板やブログなどの双方向のツールでは、
入れたほうがやはりニュアンスが伝わるようです。
顔文字なども使いこなせるといいのですけれど、
個人的にはどうしてもまだ抵抗感がありますね。
(ロックウォーター飲んだほうがいい?年だから?笑)
そのために少し固い人だと思われているみたいです。
ブロガー同士での交流は人間関係そのものですから文字一つ、表現一つに
もっと気をつけないといけないなと思っています。
ただ、あまり構えてしまうと気軽に交流できなくなってしまったり、
そこはジレンマですね。
文字の上での行き違いは多々あることですから、
行き違いがあるような感じになった時は、早めに解決するのがいいようです。
もちろんそれはリアルの関係でもそうですが。

 すみません、だいぶ話がそれました。
 現実の生活の中で、嫌でも続く人間関係、職場、ご近所など
トラブルを避けたいために距離を置いたお付き合いになりがちです。
その一方で誰かと共感したい、交流したい。
人間ですから当たり前のことです。遠慮や気遣いは大切なことですが、
まず自分が心を開いて話しかけてみませんか。
あなたに興味をもって声をかけてもらったら嬉しいでしょう。
相手も同じです。意外な出会いや交流が生まれたら楽しくなってきます。
あなたはどんな人に興味を持ちますか?明日はその人に話しかけてみましょう。
少しずつで良いんです。どれだけお互いに興味を持てるか、
どの程度の距離感の関係か。時間をかけてゆっくりと心を開いていきましょう。
いろいろな情報が入ってきたり、アドバイスをもらえたり、
新しいあなたを発見してもらえるでしょう。
心を開くとはあなたのことを話すことです。
 拒絶を恐れて閉じこもっていたら、新しい世界は開かないまま。
あなたの心を開いてみましょう。
自分のことを話せば話すほど相手はあなたに親密感を持ちます。
誰にだって欠点もあるでしょうが、長所だってたくさんあります。
自分を必要以上に良く見せることはないじゃないですか。
いいところも悪いところも全て含めたあなたを受け入れてくれる人は必ずいますよ。

試験的にメッセンジャーの表示をつけてみたところ、
意外にご相談があるので嬉しく思っています。
今日はそんな中から話題を選んでみました。

心を開くために助けになるエッセンスを紹介しておきますね。
ハートスピリットエッセンス
イルカエッセンス
ピンクイルカエッセンス

posted by 花のしずく  at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセンス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

リンゴ売りのYさん

強引ではったりの利いた営業手法で、一時はフェラーリを乗り回すほど景気の良かったアートディレクターのYさんの名刺が出てきました。三田の豪華なマンションの住所が書いてあります。
ロマンスグレーの長髪をポニーテールにして人懐っこそうな笑顔が印象的な方でした。そのうち連絡が途絶え、風の噂に仕事に失敗したと言う話を聞き、それきりにしていたある日、事務所に突然現れ目を疑いました。パリッとしたスーツの代わりにお世辞にもきれいとはいえないセーターとエプロン姿。手には軍手をはめています。相変わらずのポニーテール、人懐こい笑顔はそのままに。
「よぉ、久しぶり♪」
私とボスは突然のことに唖然としました。
「ねぇ、リンゴ買ってくんない?」
あいた口がふさがらないというのはこの事です。
「Yさん、いったいどうしてたの」
やっとボスが口を開きます。
「オレさぁ、今リンゴ売ってるんだよね、近くに来たから買ってもらえるかと思ってさ」
「それは…まぁいいけど」
私たちは事務所の階段を下りていくと、フェラーリの代わりに荷台にリンゴを載せた軽トラックが一台止まっていました。
「どぉ?まけとくからさぁ」
 ボスはあっけに取られながら一箱買いました。私も3Kgくらい買いました。もう一度、事務所に戻って以前のようにコーヒーを淹れ、Yさんの話を聞きました。
リンゴを売るようになった経緯、慣れないりんご売りで面白かったことなど、飄々とした話し振りは健在でした。
 Yさんが帰った後、
「あ〜、やっぱりあの人は凄いわ〜」とボスが言いました。
「普通全盛期を知っている人間のところに、ああいう姿は見せに来ないよなぁ」
「そうですよねぇ」
「俺やっぱりあの人の事好きだわ、もし戻ることがあっても、また一緒にやりたいねぇ」
 まるで次の新製品のプロモーションの打ち合わせのように、卑屈さの微塵も見せずリンゴを売ることについて楽しそうに話していたYさんの姿に私は清々しさを覚えていました。ちょうど私は独立するかどうかで悩んでいた時期。失敗したらどうしよう、でもこのままずっとここで勤めていても仕方が無い。延々とそんな風に悩んでいました。
 失敗することは恥ずかしいことじゃない。挑戦しないことこそ後悔を残す。Yさんの姿を見て私の中で何かが吹っ切れました。
 だめだったら私もリンゴを売ろう!

ぽちっとお願いしま〜す人気blogランキングへ
posted by 花のしずく  at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

悪夢、或いは同じ夢を見ること

 先週の日曜日と火曜日夢を見ました。内容は多重夢のような夢。正確に言うと多重夢ではないのですが、再び寝るとまた同じ夢を見る。実は半年ほど前にも一度見たのですが、その時はそれで終わったのです。
夢は深層心理からのメッセージです。同じ夢を何度も見るのは、現実が改善されていないということです。夢のメッセージをかなり正確に受け取ったにもかかわらず、私は行動しませんでした。まだ時期が来ていないと思っていたのです。
 夢の内容も悪夢に近いものですから、私が行動しなければ、また悪夢は続くかと思うと、半ば恐怖感を覚えて行動せざるを得ませんでした。 悪夢はその場で目覚めたり、印象が深いですから悪夢こそ重要なメッセージです。
 以前は夢日記をつけて覚えているようにしたのですが、夢に怒られることが多かったので、嫌になって夢を覚えないようにしました。そうやって自分自身から逃げていたんですね。大きな回り道でした。

 夢の内容については各種の夢判断の本がありますので参考になさってください。ネットでもそういうサイトはずいぶんあります。私の経験から言うとフロイド派の夢解釈より、ユング的な夢解釈のほうがぴったりくる感じです。ただ、象徴の意味合いなど、欧米流の解釈の本だと日本人の感覚とはだいぶずれてきます。
 一つ一つの物事にこだわらずに夢のストーリーを絵に描いてみたり、出てきた品物が自分にはどういう意味を持つかとじっくり考えてみると、夢のメッセージがだんだん掴めてきます。書き出して見てもいいでしょう。もえのように人に話してみるというのも良いかも知れません。こんな夢を見たよと、人に話すぐらいに雑駁にまとめる程度が解釈には適しているみたいです。

昨日は夕方からハリーポッターを一通り読みました。もはや子供向けの小説を超えて、非常に深いものになっています。ハリーも少年ではなくなり、殆ど一人前の大人として行動し始めます。「名前を言ってはいけないあの人」の過去が次第に明らかになり、彼の深い悲しみを感じました。惚れ薬の効能や、運命に対する考え方が非常に興味深かったです。人は何のために戦うのでしょうか
posted by 花のしずく  at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

ピンクイルカと森林浴?

 昨日、今日ととても疲れたのでお風呂にピンクイルカエッセンスシダーウッドのエッセンシャルオイル を入れて入浴。手元にオリーブのエッセンスでもあればよかったのでしょうがあいにくなかったものですから。疲れた手足をマッサージしながらゆっくりと浸かりました。

 なんだか落ち着かない気分もシダーウッドでリラックス。やはりアロマテラピーは即効性があっていいなと思います。私はお風呂に入れるなら樹木系のエッセンシャルオイルが好きですね。文字通りの森林浴。
 シダーウッドは、落ち込んでいる時はすっきりさせてくれるし、興奮気味のときは落ち着かせてくれる、という便利なエッセンシャルオイル。緊張や不安にも対応します。価格もそんなに高くないしお風呂に入れて森林浴を楽しむには最適ですね。
 ただ、樹木系のエッセンシャルオイルは妊婦さんには向かないものが多いのでお気をつけくださいね。
イルカのエッセンスは浄化作用もありますし、リラックスさせてくれますからダブルの効果かしら。明日もまた頑張ろうっていう気持ちになれました。
posted by 花のしずく  at 23:07| Comment(0) | TrackBack(1) | エッセンス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

体脂肪率ダウン!

わ〜い!パチパチ♪

体脂肪率が24%までダウンしました。約一年前は33%もあったのですから、かなりすっきりしたと思います。
ここ3ヶ月ほどの体重はそんなに変化していないのですが、サイズダウンしました。26、25%の壁はかなり厚かったです。エッセンスを飲み始めた頃うつ病が再発しそうで、ひたすら食べていました。食べられなくなると、病気になるような気がして怖かったんです。
 去年一年は、ほとんど運動も出来ませんでしたし、5キロほど痩せた後はそのままほうっておきました。ここ2ヶ月ほど意識して運動するようになってから少しずつ筋力が付いてきたようです。
体脂肪率が下がると疲れにくくなってより動けるようになります。なんだか心も一緒みたいな感じです。

溜め込んでいた怒りや恨み悲しみを開放していくと、どんどん心が軽くなって遊びだします。余裕が出てくるみたいです。或いは自信や勇気という筋力を増していっても、心の体脂肪率は下がっていくんです。

私やもえはロックウォーターなど削ぎ系(笑)のエッセンスを多用していますが、ワイルドローズや、ピンクイルカ、グリュネローゼなど加え系(笑)のエッセンスも要所要所で使用しています。
心が弱っている時はまず加え系(笑)のエッセンスで、筋力をアップされてから削いでいくのがお勧めですね。


今日から試験的に私のオンラインの時の表示を出してみました。多分夜10時前後から12時くらいまではほとんどオンラインになっていると思います。昼間も落ち着いてお話できる状態の時はオンラインにしておきます。オンライン中はブログを書いていることが多くて、すぐにはお返事できないかもしれませんが、もしよろしかったらお暇な方はおしゃべりしましょう。

しばらく記事にリンクを張らないでいたらあっという間にランキングが下がってしまいました〜ToT、今日はよろしくお願いしま〜す人気blogランキングへ
posted by 花のしずく  at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

ジェーン・フォンダ わが半生

何でも持っている人だと思っていたジェーンフォンダ。美しさ、女優としての名声、富、知性、行動力。
ヘンリーフォンダの娘だというだけではハリウッドでは通用しない。女優として、ワークアウトの事業家、社会活動家として精力的に活動し、どれもが成功を収めている。3度の結婚離婚暦だってキラ星のようだ。その彼女が過食症で悩んでいたなんて。人が羨むような全てを持ちながらその内面に抱える空虚。
「あるがままの私」「本当の私」を見つけるまでは、どれほどの才能、努力を持ってしても苦しむものらしい。
思うに彼女は自分の理想に自分を合わせるために前進し続けたのだろう。いくら前進してもたどり着けない。人は完璧を生きられないから。

カーリーエッセンスがどのように効いているのか私には良くわからない。
客観的にみるならば、今の私の状況はかなり追い詰められているといえるかもしれない。ただ、彼女と対照的に何も持っていないに等しい私が今感じているこの多幸感は何なのだろうか。慣れない幸福感に居心地の悪さすら感じている。何か気づいたわけでも悟ったわけでもなく、なんでもないことがただ楽しく幸せ。これは一時的なものなのだろうか。正直戸惑いを隠せない。これが「あるがままの私」「本当の私」なのだろうか。無料

posted by 花のしずく  at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変化を楽しむ

なんだか久しぶりの更新です。
一昨日、写真の整理を始めたらいろいろなことを思い出してとても悲しくなってしまいました。昨日もその状態が続いたのでスタートデザートピーを一日だけ飲んだら落ち着きました。今日からはまたカリエッセンスです。とにかく、これを飲みきってしまおうと思っています。
今日のところは調子がいいです。思うに今までいろいろなことを引きずりがちだったのですが、気持ちや気分の転換が早くなってきたような気がします。これはカリエッセンスだけのおかげというわけではなく、エッセンスを飲んで徐々にそうなってきた感じですね。もう少ししたらもえのところへ行ってアドバイスをもらってこようと思っています。

ロックウォーターヤパニッシュローゼウォーター・バイオレットと、自分のテーマエッセンスを攻略していくか、ピンクイルカなど暖め系から見えてくるものがあるかもしれないですし、ローズエッセンスも気になるし…
このさい、スター・オブ・ベツレヘムで、トラウマに挑戦してみるのもいいかもしれない。
オーストラリアブッシュのシドニーローズに惹かれて買ってはみたものの、飲む前に見てもらってアドバイスも欲しくて。

こう書いていくとエッセンス中毒のようですが、どんどん新しい自分を発見するのが嬉しくてわくわくして止められないのです。次はどんな自分に出会えるのでしょう。とっても楽しみなんです。無料
posted by 花のしずく  at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

メリッサの旅



ドロシー ギルマン, Dorothy Gilman, 柳沢 由実子

メリッサの旅―ドロシー・ギルマン・シリーズ


こんな素晴らしい本を、なぜ読み返さなかったのだろうか。奥付を見ると2001年とあるから5年も前に買っていた本だった。なんとなく書棚から取り出してそのまま一気に読了。
「おばちゃまシリーズ」で有名なドロシー ギルマンは大好きで、日本で出ているものは全て手元にある。彼女の作品に共通しているものは、心に傷を負った若者の成長の記録だ。主人公の登場の時にはだいたい怯えており、孤独で精神科の医師にかかっていたりする。ひょんなことから何かに巻き込まれ、その中で次第に自立し、成長していく過程が描かれていく。もちろん話のたて筋はさまざまな事件だったり、謎を追って行ったりして、そのストーリーもいつも楽しめる。主人公と一緒にドキドキハラハラしながら彼らの成長の軌跡を追っていくことが出来るのだ。それでいて軽く読めるところも気に入っている。

今までこの本を再読しなかったのは、自分にとってあまりにも痛すぎて向き合えなかったのだと思った。自分の人生に言い訳やごまかしをしながら責任からも逃れようとしていた。私がエッセンスを使いながら次第に学び取っていったことが、全てこの本に書かれている。本書でも、そのほかの彼女の本でも是非手にとって読んでいただきたいと思う。
生きる勇気が湧いてくるはずだ。
posted by 花のしずく  at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

5月8日はゴーヤの日!

こんにちははるかです!今日はただの日記で〜すw

今日5月8日はゴーヤの日!
本当かどうか知りませんが、お兄ちゃんがカレンダーに書き込んでいました。彼はゴーヤチャンプルーが大好き!

それでニガウリを買ってきてゴーヤチャンプルーを作ったんですが、私、自分が作った以外のゴーヤチャンプルーを食べたことが無いんです。
始めはお料理の本を見て作ったり、cookDoを買ってきたりしてたので、こんなものだと思っていたのですが、最近は自分が作っているのが、本当にゴーヤチャンプルーなのかどうか自信がなくなってきました。
というのは次男はゴーヤが苦手なので、モヤシも入れるようになって、シイタケを入れても美味しいかもと入れて。
全体としては美味しいからみんな喜んで食べていますが、私は頭の上にを浮かべながら食べています。
お料理の本を見ても、卵が入っていないもの、豆腐ではなく厚揚げを使うもの。
いろいろあって良くわからない。
さらに、お兄ちゃんがにらの卵とじや、もやしの卵炒めを「にらチャンプルーだ!」、「モヤシチャンプルーだ!」と言うに到って、チャンプルーっていったい何?どうも炒め物という意味らしい。
名前にこだわる必要は全然無いのですが、何かが引っかかる。
いったいそれは何なんでしょうねぇ。
やはり本物?のゴーヤチャンプルーを食べたことが無いから?
私もロックウォーターを飲んだほうがいいかもねっ!iモード
posted by 花のしずく  at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

自分を傷つけているのは自分

ここのところいろいろとあった小さな出来事から気が付いたことがあります。
悪意があって人を傷つけるような人もたまには居るけれど、ほとんどの人はそんな意図はなくて、実は自分が勝手に傷ついているに過ぎないってことです。

若い頃仕事で何回かご一緒したモデルさんのバッグについて話した時に
「こういうのって自分で買うものじゃないでしょ」
と、当然のように言われて、少し傷ついたことがあります。
気が合って一緒に仲良くおしゃべりしていた筈なのに、距離を感じてしまう。
何が傷ついたかといえば、容姿に関するコンプレックスを突かれたからでしょうか。
あなたみたいな綺麗な人はいろんな人がそういうものをプレゼントしてくれるでしょうけど、と。

毎週のようにきらきら輝くモデルさんとお会いして居ると、そんなに酷くは無いはずの自分がだんだん価値が無いように思われてきます。容姿は自分の勝負どころじゃないと分かっていても気になるのが女心。若かったからそういうことがとても気になったんですね。
オーディションの時などは壮観で、目の前に10人も並びます。こちらが選ぶ立場で、ふるいにかけている側なのに、その量に圧倒されてしまうのです。今考えてみると、そんなことで傷つくなんてばかばかしいし、気にしていた自分がかわいいとさえ思えるのですが。でも心のどこかで憧れと引け目を感じていた。

容姿などは変えようが無いので諦めるしかないのですが、勉強が出来る出来ない、或いはいろいろな能力や才能は、見えないだけに自分の努力不足のように思えてしまう。人ってそういうコンプレックスをいくつも抱えているんですね。
何かそれに触れると傷ついてしまう。自分自身で勝手に傷ついているに過ぎないのですね。

そう考えると、傷つけられたからといって相手を憎んだり責めたり、許さなきゃなどと感じること自体が、お門違いじゃないかしら。
もし、そういうコンプレックスが無くなったら傷つくことも無い。なんだかそんな気がしてきました。無料

よろしかったら押してください人気blogランキングへ

posted by 花のしずく  at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

ボアブ、オーストラリアのバオバブの木

ずっと以前オーストラリアブッシュのボアブってどんな植物だろうともえと話したことがあります。
何しろ
ドロドロした家族関係に悩んでいる状態。
虐待と偏見の被害にあっている状態。

をポジィティブに変化させるというのですから。
エッセンスにはその植物の色や形、性質などが反映されています。電話で話しながら、ネットで検索をかけてみてなるほどと思いました。こちらのサイトでご覧になれます
 星の王子様にも出てくるバオバブの木。アフリカにしかないと思っていました。
まるで根っこのような細い枝。妙に太い幹。そのアンバランスさが目を引きます。
ぽっかりと空いた洞のなかに人を閉じ込めるために使われていたんですね。
二人して妙に納得してしまいました。
さらにこのサイトでは火事にあって焼けたボアブも紹介されていました。
幹から直接葉が生えるなんて、その生命力、たくましさに感動を覚えませんか。

苦しんで乗り越えられてこられた方々、今その渦中で苦しんでいらっしゃる方々、きっとこの木が力を与えてくれるはずです。
posted by 花のしずく  at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセンス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

選択

カリのエッセンスが来て、まず1滴直飲み。
身体の上のほうに上がっていたエネルギーが、すっと下がっておなか周りに落ち着きました。私はだいたいエッセンスを変えると3日目ぐらいに何か変化があることが多いのですが、これと言った好転反応も出ず、相変わらず調子の良いままです。

 今を生きること、今を楽しむこと、楽しいその瞬間をしっかりと味わうこと。
ここのところ、仕事や遊びで身体を使うことが多くて、少々疲れ気味ではありますが、幸せな時間が増えて、楽しく過ごしています。あれもしたい、これもしなくちゃといつも気持ちばかりあせっていたんですね。
やりたいことはたくさんあって、しなくちゃいけないこともたくさんあって。その両方が重なれば一番良いのでしょうが、私の場合その差が大きかったのかもしれません。

選択と言うことについて考えていました。
何かを選ぶと言うことはそれ以外の何かを捨てること。
他の可能性を捨てること。
その責任を引き受けること。
選択は毎刻です。今、この瞬間は2度と来ないのですから。

言葉も同じです。何かを書くということは書かれた言葉だけにスポットが当たり、それ以外の周辺には光が当たりません。話すこともそうです。どんなに努力して相手に伝えようとしても、手のひらから水がこぼれていく様に私の感じは伝えきれません。ましてや、こうやってネットに出して、どんな人がどんな気持ちで読むか分からないのです。
知らないうちに誰かを傷つけてしまうかもしれない。書くことが少し怖くなっていました。
それでも、命を頂かなくては生きていけないように、何か書かなくては一日が終わらない私がいるのです。
posted by 花のしずく  at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | エッセンス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

転機

もえは最近クライアントが増えてきて、忙しくなってきています。もえには引き続きアドバイスをもらいますが、今までのようなペースで花のしずくの記事を書くことが難しいようです。

このブログを書くこと、身近にプラクティショナーのもえがいて常にアドバイスしてくれたこと。このブログのために、いろいろなエッセンスの知識を得たことで、私は自分自身のエッセンスをかなり的確に選ぶことが出来るようになりました。もうふりすぴは初心者じゃないねと言われたときはとても嬉しかったです。

一年前、私の状態はかなりしんどかったと思います。
転機になったエッセンスは
11月後半のロックウォーター
1月中旬のヤパニッシュローゼ
4月中旬のフォーギビングエッセンス

が主なところでしょうか。
かなりエネルギーが廻ってきて、今度は女神エッセンス・カリ(カーリー)を試してみようと思います。明日あたり届くでしょう。エッセンスの選択が初心者向けのものではなくなりつつあります。

創造と破壊は表裏一体です。自分の中から湧き出てくる大量のエネルギーを抑圧するのではなく、上手くコントロールしていけるように私には必要なエッセンスです。この問題は常に私を悩ませ続けてきました。
集中しすぎて身体を壊してしまうようなアーティストにも向いていると思います。

もえも、私も、「花のしずく」も転機を迎えています。
連休で少々更新を休むかもしれません。
posted by 花のしずく  at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセンス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

ハリー・ポッターと謎のプリンス

ブログを始めて2年以上。ほぼ毎日何かしらの更新をずっとして来ました。
そういえば2年前に確かこんな記事を上げた記憶が。

ハリー・ポッター読書中につき、ごめん!

そろそろこの日がやってきますね。今からわくわくどきどきしています。実は私はハリポタマニア(爆)
何しろ待ちきれなくて4巻は洋書を買ってきて読み始めたのですが、一日1ページが限度。しかもUK版だったのでイギリス単語に悪戦苦闘。ついにクィディッチの試合のあたりでどうにも挫折…orz

5巻は反省を踏まえてUSA版を買ってきたのですが、まとまった時間がとれずに、なかなか進まず、そのうちに日本語版が出てしまいましたとさ。ToT
えっ?第6巻は買っていないかって…?
挫折の歴史をこれ以上増やしたくないと言うか…単にブログ中毒ゆえ…

エッセンスは魔法みたいっていつも思うけれど、そういえばハリポタも、エッセンスもイギリスが発祥の地でしたね。
と言うわけで、17日の発売日には更新いたしませんので、ご了承くださいませ。



J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)

予約が未だの方はこちらからどうぞ!
posted by 花のしずく  at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。