2006年02月28日

現代のエッセンス

 最近もえが使っているオーストラリアンブッシュエッセンスはオーストラリアというある意味隔絶された大陸の中で独自に進化していった植物の宝庫から生まれました。イアン・ホワイトさんという方が作っていらっしゃいます。

 バッチ博士の100年前の生活様式では捕らえきれない複雑な問題が現代には生まれています。新しく生まれたエッセンスは、単なる性格や情操の改善だけでは対処しきれない、様々な問題に具体的に対応しているのです。
 「ソラリス(太陽光・火)エッセンス」「ムラムラエッセンス」などいったいどういう方が使われるのかと思われるでしょうが、南半球であるオーストラリアではオゾン層の破壊により紫外線の量が凄く、一般の家庭では玄関に日焼け止めの大瓶が備え付けてあって、外へ出る際には必ず塗って出かけるそうです。そういった状況の中で必要に迫られて生まれたエッセンスなのですね。
 そのほかにも家庭の問題、セックスに関する問題、現代の様々な問題を乗り越えるためのエッセンスが用意されています。効き目が早くパワフルなエッセンスです。
 先日「マウンテン・デビル エッセンス」を飲むことになるだろうと予感したと書きました。それはもえも全く同意見でした。でも似たようなバッチのエッセンス「ホリー」は既に飲んでいます。そして私の中にホリーの要素はポジティブなものとして存在するのです。その辺の違いは、もうどうにも文章では表現できないものなんですね。飲んでみて実感しないと表現のしようもありませんし。もしかしたら「ブルーベル」かもしれない。本当に微妙で難しいです。だからこそ面白いし、奥が深いですね。無料
【関連する記事】
posted by 花のしずく  at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストラリアブッシュエッセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。