2007年03月04日

死ぬ夢

チビが、私が死ぬ夢を見た。
不安そうに私に抱きつくチビに
よし!と、こぶしに力を入れる私。

夢の死は再生を意味する。 らしい。
「mamaはもう昨日までのmamaじゃないのよ〜ん♪」
あっけにとられるチビに説明した。

「人が大きく変わるときに死ぬ夢を見ることがあるのよ
人は常に変化し続ける存在だけれど芋虫がさなぎになるように
さなぎが蝶になるように大きく成長するときがあるのよ
それは今まで姿から大きく形を変えるでしょ?
心の中もそれと同じようなことが起こるの。」

「へ〜」

チビとの関係は今もって不思議な感覚がある。
時々、彼は私の頭の中の考えを読んでいるのではないか
と思う瞬間がある。
え?と思ったことが10回や20回ではない。
ほかの子供には感じなかったことだ。

カレト、ワタシノアタマハツナガッテイル

何か特別な縁があるのだろう。
とにかく私の大きな変化を彼が感じないはずはないし
たとえ意識の上で感じていなくても
彼とはツナガッテイル。

へとへとに疲れて、夢など見る余裕のない私に代わって
彼が知らせてくれた。
もう、昨日までの私ではない私になれているよって。
うれしかった。

                       もえ三日月
posted by 花のしずく  at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。