2007年06月11日

ワイルドオート

070611_1736~001.jpg比較的バランスが取れていたものの、ちょっと目的を見失ってしまった感じでここ一週間ほど、ワイルドオートを飲んでいます。
「時ならず玉をぞ貫ける卯の花の」は、この心境を和歌を織り交ぜて書いた詩です。
飲み始めて一週間、今改めて考えて見ると、自分の目的と手段がいつの間にかごっちゃで曖昧になってしまってましたね。ふむ、反省反省。特に好転反応は現われていません。

ワイルドオートは今の今までカラスムギだと思っていたのですが、よくよく学名で調べてみるとヒバリノチャヒキという和名を持っています。スズメノチャヒキ属に属する種で、スズメノチャヒキの画像を探してみると
あ、あれ?昨日草むしりで私が格闘していたヤツ?
えぇ、どこにでも生えているあれですね。ほんとに単なる雑草です。似ているなぁとは思っていたんですけれど。こういう風に記事を書くときはきちんと調べるのでほんとに勉強になります。

エッセンスを選ぶときに候補になるエッセンスが多すぎて絞り難い時、それまでに使った組み合わせの効果がはっきりと現われない時、触媒としてワイルドオートや、ホリーが使われることがあるそうです。
posted by 花のしずく  at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセンス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。