2007年07月01日

幻の青いバラ

e-green_1955_21161582.jpg
今日、正確には昨日ですが、こんなコバルトブルーの大きなバラの花束を抱えた男性とすれ違いました。
余りに大きいので抱えるというより肩に担ぐようにしているのでとても目立ちますし、こんなに鮮やかなブルーですから周りの人は皆振り返って見ていました。
御本人も周囲の注目を浴びて少し照れながら、それでも誇らしげに歩いていかれて、私はあの花束を貰う女性が少し羨ましくなりました。

最近ではずいぶんと青っぽいものが出てきているようですが、写真のものは人工的に着色をしたものです。こちらを見ると英語では 「Blue Rose」 は「有り得ない、不可能な」の代名詞として使われているんですって。

「素敵ねぇ」とつぶやくと、たまたま隣り合わせたおば様も
「羨ましいわねぇ」とおっしゃって、二人で顔を見合わせて笑いました。考えることは誰も同じなんですね。
posted by 花のしずく  at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。