2007年08月27日

目を逸らしたい自分

いろんな出会い、いろんな別れがあって、それぞれの方に様々な感情があります。一つ一つの感情を味わいつくして行くことが、人生なのかなと思うこの頃のふりすぴです。
ポジティブな喜びや愛はもっともっと感じたいし、苦い感情は出来れば味わいたくない。
でも感情って自然と湧いてくるもので、怒りや悲しみを味わうことから逃げると、それが傷として残ってしまい、何度でも同じような経験を呼び寄せてしまうような気がします。
日々安らかに愛と感謝を感じて生きていけたらと思いますけれど、やはり綺麗ごとだけでは生きていけないんですね。

目を逸らしたい自分であっても、それは「自分」なんですね。
そんな自分もいるのだと認めつつ、自分がどうありたいかを模索していくのかなぁと思っています。
光も影もあるように、両方あるのが人なんだなぁ。


明日は皆既月食。天体の光と影の織りなすショーが見られますよ。


Beautiful world Utada Hikaru

posted by 花のしずく  at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。